私たちについて

 
 
land-ranch_ 51.jpg
 

「青い森のウニ」の“青い森”は、三陸沖の藻場の豊かな昆布の海中林から名付けられたもの。畜養ウニのプロジェクトをグローバルに展開するウニノミクスが、青森県の北三陸沿岸の漁業関係者の協力を得てスタートしました。

獲りっぱなしから育てる漁業へ

ウニノミクスの目的は、増えすぎたウニを捕獲し育てることで漁場の藻場を回復し、ウニの安定供給を可能にして、地域漁業を持続的に発展・維持させること。「青い森のウニ」は、階上町(はしかみちょう)でウニとアワビを長年に渡り手がけてきた横道広一氏と、将来の漁業へ危機感をつのらせていた地域の漁業者と協働して行っているプロジェクトです。

「東日本大震災後から、ウニの身入りが急に悪くなりました。ウニ漁を行うダイバーから、昆布の藻場がなくなって磯焼けが起こっているという声を耳にしました」と横道氏。近年になってウニの身入りは徐々に回復していますが、震災前の身を太らせた旨味たっぷりの品質には及んでいません。「三陸沖の豊かな藻場を取り戻すためには、磯焼け対策が重要」という思いから、横道氏は「青い森のウニ」のプロジェクトに参加したとのことです。

land-ranch_ 55.jpg

年々減少する漁獲量と高齢化が進む漁業者にとって、後継者問題はとても深刻です。獲りっぱなしの漁業から、育てる漁業へと転換を図ること。ウニを陸上で蓄養して漁業者の安定収入を実現できれば、新しい形の漁業として若者にアピールできます。増えすぎたウニを適正に回収することで藻場が豊かになれば、魚や海の生き物たちが戻ってくることも期待できます。人と海が良好な関係でサイクルしていくことで、暮らしと自然に持続可能な明るい未来をもたらすことができるのです。

一年を通して国産の美味しいウニを

ウニの消費量世界一の日本では、需要の多くをチリやロシアなどの海外からの輸入に頼っています。一方、国内のウニの漁獲量は、20年前の約半分と激減。地球温暖化による海水温の上昇とそれに伴う生態系の変化により、ウニの餌となる昆布や海藻の藻場が減ってしまったことが原因として考えられます。輸入ウニの価格も国産並に高騰し続ける中、このままではレストランやお寿司屋さんでウニが食べたいと思っても品切れだったり、高額すぎて手の届かない存在となりかねません。

北三陸の短い旬の貴重なキタムラサキウニ。陸の上で育った「青い森のウニ」が一年を通して殻付きのまま出荷できれば、将来的にも美味しい国産ウニが全国で味わえることにつながります。